2019年5月 
≪報告≫ APAIE年次大会に出席しました

2019年 3月25日(月)~3月28日(木)の4日間、マレーシア・クアラルンプールで開催されたAPAIE(Asia-Pacific Association for International Education)に参加をしました。

APAIEはアジア太平洋地域の国際教育交流団体で、毎年3月頃に年次大会を実施しています。
会場のKuala Lumpur Convention Centre (KLCC)には、世界58か国から約2,500名が集まり、アジア太平洋地域のみならず、ヨーロッパの国々からも多くの教育機関が出展する、国際色豊かな大会でした。
APAIEは毎年世界各地で大会を実施していますが、今年は過去最高の参加者だったそうです。
世界規模での教育交流の高まりを反映した大会でした。

今回ブースを出展したのは41か国・地域の大学や教育団体で、参加者は新しい大学間協定の構築や、旧知のパートナーとの交流を深める機会となっていたようです。
当社も日本の大学向けに研修のコーディネートを行っていますが、各国の派遣先大学との情報交換や、普段接していない新たな国々のプログラムを知る貴重な機会にもなりました。

個人的に興味を持ったプログラムはロシアの大学で行われる、英語でロシア語を学ぶプログラムです。
夏休みを利用して実施される短期のプログラムですが、高い英語力を持つことによって、学びや体験の幅がこのように広げられるのだと改めて実感した次第です。
英語を使ってロシア語、その背景にある文化や社会を学ぶことは、日本とロシアの今後の交流を深める上でも、重要な役割を果たすのではないでしょうか。

来年のAPAIEはカナダ・バンクーバーにて開催される予定です。

 
 
 
 
 


News

UTSの留学専門サイト「旅学」オックスフォード留学海外留学生安全対策協議会