1971
SIS日本支部として発足
スウェーデンに本部を置く教育団体SIS(Student International Society 1958年設立)の日本支部として発足。SISはイギリス国内に約30都市・地域に留学生受入れの組織を持ち、当時は年間1万5千人の若者を海外に送り出すヨーロッパで最大の教育団体であった。
1972
第1回英国研修を実施
日本支部発足の翌年1972年、日本国内で募集した第1回英国研修を実施。

約70名の日本の若者がイギリスの一般家庭にゲストとして滞在しながら学校で学び、日本における海外ホームステイプログラムの先駆けとなる。
1973
アメリカ留学開始
サンフランシスコでのホームステイプログラム、高校生の1年間交換留学を開始。
1974
UTS英国発足
日本およびヨーロッパ6か国のSIS代表とともに、イギリスの現地法人UTS英国が発足。
ロンドンに本部を置き、イギリス国内で独自の留学生受け入れ体制を構築。翌年UTS日本設立。
1975
オックスフォード研修開始
オックスフォード大学のカレッジで、英国の生活、社会、政治、文化、歴史などのテーマを英語で学ぶ研修がスタート
1977
日英大学交流の推進
英国と日本の大学間交流を目的とした、日英大学交流委員会が発足。UTSが事務局を務める。

1979年5月、英国文部科学省の国際教育交流中央局(Central Bureau)の局長ジェームス・プラット氏が成城大学の招きで来日。ブリティッシュカウンシル、日本の文部科学省等を訪問。
1977
英文学セミナー旅行実施
専門家の引率、解説による英文学セミナー旅行を開始。その後継続して様々なセミナー旅行を実施。語学学習だけでなく、言葉の背景にある文化、歴史、文学について総合的に学習するプログラムとして人気を集めた。
≪セミナー旅行実施例≫
1977年 イギリス英文学の旅 引率:伊藤好次郎(青山学院大学教授)、定松正(玉川大学教授)
1979年 アーサー王伝説と古代遺跡を巡る英国の旅 引率:船戸英夫(立教大学教授)
1981年 赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島を訪ねる度(出版社・篠崎書林との共催)
1981年 英文学とノルマンディ・ロワール歴史の旅 引率:北川重男(成城大学教授)
2000年・2001年 Dr. ジョンソンの足跡を訪ねて 引率:伊丹レイ子(慶應大学教授)
1979
英国オックスフォードに学校を設立
UTS Oxford Centre の名称で開校。当初は英語学校としてスタート。
その後、高校・大学進学コースを備えたチュートリアルカレッジに発展し、現在はCIE-College of International Education (British Council認可, BAC認可)
1982
米国アイビーリーグ大学での研修開始
アメリカ東部の名門、ダートマス大学にて、英語とアメリカ文化を学ぶ研修を実施。独自の語学教育メソッドで知られるジョン・ラシアス教授の指導の下、ユニークな研修が行われた。
1989
日本の大学を対象にした研修を開始
川村学園女子大学(1989年)、杏林大学(1990年)のオックスフォード研修(単位認定)を実施。
現地の授業シラバス、企画、運営まで各大学のニーズに応えるオリジナルな内容が特徴。
以後、対象大学を拡大して今日に至る。
1994
24時間ホットラインサービス開始
留学生の危機管理の一環として、24時間日本語で対応するホットラインサービスを開始。
1997
日本の高校を対象にした研修を開始
中央大学杉並高校のオックスフォード研修を開始。
その後様々な高校の学校単位での海外研修を手掛ける。

現在では、単なる英語学習の枠から踏み出し、テーマを掘り下げて行うプロジェクトワーク、プレゼン発表、オックスフォード大学生との交流セッション、科学、数学、哲学、文学といった科目を英語で学習するなど、意欲的な研修内容に進化している。
1998
NPO法人 海外留学生安全対策協議会
日本の大学・高校から海外に派遣する留学生の安全対策を支援する「NPO法人 海外留学生安全対策協議会(JCSOS)」の創立に参画。
JCSOSには2016年4月現在、152校の大学・団体が加盟。
2005
オックスフォード大学と日本の大学を結ぶ特別研修プログラム開始
法政大学法学部国際政治学科の要請により、オックスフォード大学ユニバーシティカレッジの特別研修プログラムを企画実施。
1学年全員が、ユニバーシティカレッジの施設、教職員、学生などの資源を活用し世界の政治について英語で学ぶプログラム。
オックスフォード大学、ロンドン大学などの教授を招いた特別講義も実施。
2016
産学連携による海外研修
客室乗務員を志望する学生を対象にした「英国キャビンアテンダントプログラム」を開始。
英語研修と、現地航空会社(ブリティッシュエアウエィズ、エミレイツ航空)でのトレーニングプログラム。
■学校法人の海外研修 取扱い実績
《大学》
法政大学 獨協大学
明治大学 成城大学
杏林大学 一橋大学
東京学芸大学 十文字学園女子大学
東京経済大学 中部大学
明治薬科大学 東京女子大学
津田塾大学 川村学園女子大学
日本女子大学 作新学院女子短期大学
東京工科大学 尚美学園大学
桜美林大学 東邦大学
埼玉大学 長崎県立大学
専修大学 恵泉女学園大学
信州大学 流通経済大学
東洋大学
《高校》
浅野中学高等学校
中央大学杉並高校
法政大学中学高校
法政大学第二中学高校
法政大学国際高校
藤村女子高校
聖学院中学高校
東洋大学附属牛久高等学校