学校法人の方へ
UTSでは、世界で活躍する有為な人材を育てることを目標とし、学校法人における海外研修プログラムのコンサルティングを行っています。実りある海外研修プログラムを実施するには、明確な目標設定とそれを達成するための研修内容の立案、そしてプログラムを実施するための体制作りが重要です。UTSでは、研修に関連するあらゆる事柄(プログラムの企画提案、研修校との折衝、参加者の募集、オリエンテーション、安全対策および危機管理体制etc.)を踏まえ、各学校の希望や課題を認識し、独自のプログラムを提案いたします。UTSが長年培った世界有数の国際交流団体や教育機関とのネットワークを貴校の国際交流にお役立て下さい。海外研修を通して国際社会で通用する人材を育成することは、日本の学校を活性化につながります。そしてそれは各教育機関の使命でもあり、UTSもその一翼を学校法人の皆様とともに担ってゆきたいと考えています。
 

【2008~2012年実績】
法政大学、獨協大学、一橋大学、明治大学、成城大学、杏林大学、中部大学、東京女子大学、川村学園女子大学、東京工科大学、桜美林大学、東邦大学、明治薬科大学、東京経済大学、長崎県立大学、尚美学園大学、中央大学杉並高校、法政大学中学高校、法政大学第二高校、法政大学女子高校、藤村学園高校 他

 
 

伝統あるオックスフォード大学のキャンパスを研修の場とし、国際性豊かなオックスフォードの街を舞台に「世界」で活躍する人材を育てることを目的としたプラン。
学生一人ひとりが、自分の将来について、確かな問題意識をもって考える機会を提供します。UTSは1975年よりオックスフォード大学での短期留学を実施しており、長年の実績で培ったオックスフォード大学カレッジとの協力関係は、当社の財産になっています。
 ・オックスフォード大学のカレッジで研修、寮滞在
 ・英語を使って専攻分野と関連するテーマ学習
 ・各自の課題についてのプロジェクトワーク&
  プレゼンテーション
 ・オックスフォード大学の講師、教授によるレクチャー
 ・オックスフォード大学の学生との交流セッション

 

授業は、英語を通して学ぶテーマ授業とプロジェクトワークとの2つに大きく分けられます。テーマ授業では、歴史・哲学・美術・経済・政治・国際関係・文化に関連したトピックを取り上げ、英語を通して、大学での専攻分野に必要な基礎的な知識を身につけるようにカリキュラムが組まれます。希望により、医学、薬学、理工系の授業を組み込むことも可能です。
また、プロジェクトワークでは、興味のあるトピックを選択し、専門的にリサーチを行い、それを発表するまで一連の学習を学生の主体性を促しながら実施します。まず英国について興味のあるテーマを日本で事前学習し、さらにオックスフォードで様々な場所を訪問するなどのリサーチを加え、研究成果をまとめます。プロジェクトはチーム単位で実施し、現地での訪問場所、研究調査方法などをチーム内で計画立案し、実行します。最終日に研究の成果をまとめてプレゼンテーションを行い、評価を行います。このプロジェクトワークには、オックスフォードの大学生も1グループ(約15名)に1名の割合で参加します。リサーチの仕方、英語でのまとめかた、訪問先のアポイントなど、プロジェクトをスムーズに実施するためのアドバイスを行います。
 
 
9:15-10:45
英語によるテーマ授業クラス(1)




11:45-12:15
英語によるテーマ授業クラス(2)
12:15-13:30
昼食
13:30-16:00
《プロジェクトワーク》
テーマごとにグループワーク。
最終日にプレゼンテーションを行い、評価する。
《レクチャー》
オックスフォード大学の講師・教授による
専攻分野に関連したテーマのレクチャー
《ソーシャルアクティビティ》
カレッジ巡り、美術館・博物館見学、
オックスフォードの文学散歩、スポーツ、
クリームティー、パンティングetc