企業の方へ
 
3ヶ月でビジネスで使える英語力を!英語マスターコース
英語をコミュニケーションの道具として、自信を持って使えるようになる最短の方法は、優秀な教師のナビゲートで、1対1で短期間に集中して学ぶことです。
お問合せはこちら
 

オックスフォード大学では、学生の指導の核として、チュートリアルと呼ばれる個人指導が行われ ています。チュートリアルとは、1~ 4名の学生が一人の教授について週1回専攻分野の指導を受け、本を読み、論文を書いて教授に批評してもらう学習法です。
教授は論文の内容について突っ込んだ質問をするので、自分の意見をしっかりと持っていないとついてゆけなくなります。学びたいテーマを縦軸に、また教授とのコミュニケーションを横軸にして学生を育てるこの伝統教授法を英語レッスンに取り入れたのが、英語マスターコースです。
 

日本人は、中学~高校の教育課程で、英語に関する知識を豊富に蓄積しています。
しかし、残念ながらそれを外に出して表現する訓練の経験がありません。そのため、どうしても表現することを恐れてしまいます。個人レッスンでは、先生と1対1で接するので、グループ授業のように他の学生が質問したり答えたりするのを同じ教室内で眺める時間はありません。話すチャンスは豊富にあります。レッスンは月~金曜日の毎日4~6レッスン、2人の先生から指導を受けます。
 

1対1のチュートリアルですから、受講者の目指すゴールや問題意識を尊重し、個別のカリキュラムを作ります。一般的に英語個人レッスンで行われているような、型どおりの授業ではなく、一人ひとりのニーズとレベルに合わせた授業を行います。
初級者レベルからスタートして3ヶ月(12週間)で、日常会話を問題なくこなすレベルに、英語の基礎力は中級だけれど会話はほとんどできないというレベルからスタートするなら、英語でビジネスができるレベルまで伸ばすことが目標です。単なる会話に留まらず、ビジネスプレゼンの準備や、学会の発表、卒論のテーマ研究など、様々な目的で個人レッスンを活用することができます。